日本語 / ENGLISH

 

当店は明治36年に京都室町に呉服商として創業しました。時代と共に業務形態を変え、現在では昭和初期のアンティーク着物を中心に街着や祝い着のレンタル、またこれまでの経験を活かし伝統工芸の販売サポートをしております。着物を通して日本の良き文化や家族の繋がりを大切にして頂き、いつも皆さんのそばに寄り添う着物屋でありたいです。

 

時代と文化を纏う経験

希少価値の高い昭和初期のアンティーク着物を中心にレンタルをしております。ノスタルジックな色使いや風合いは、アンティーク着物ならではのもの。また当時のデザインは古さを感じさせず、むしろ斬新なものが多く非常にファッション性が高いです。築100年の店内でゆったりとお好みの着物スタイリングをお選び頂き、時代と文化をまとって、街に繰り出してみては如何でしょうか。

 

問題意識の中から生まれたもの

もっと着物を身近に感じてもらいたいという想いから、オリジナルアイテムを企画・販売しております。男性には、よりカッコよく。女性には、より素敵に輝くものを。当店のオリジナルアイテムには、全て問題意識から生まれたものです。 ものの背景を常に意識し、和装アイテムになかった唯一無二を提案致します。

 

伝統衣装で、ハレの日を彩るお手伝い

人生の節目となるハレの日を、宮川徳三郎商店が厳選した支度師たちにより最高の1日をサポート致します。また、おふたりのこだわりをカタチにするもう一つの和婚「婚礼フォト」もサポートしております。思い出の地を巡るロケーション撮影や映画のワンシーンのような演出など、スタッフと共に企画しふたりの想いををカタチにしましょう。 七五三や十三参りといったお子様の記念日撮影も承っております。

 

着物を大切に使って欲しいから

当店は、お客様に着物をいつまでも良い状態で着て欲しいのでメンテナンスの職人たちと提携しております。シミ抜きや丸洗いだけでなく、お母さんの羽織を息子さんの5歳の祝い用にお直しやお仕立てもしており、最高の思い出作りをお手伝いを致します。

 

宮川 徳三郎

宮川徳三郎商店 四代目店主
着付師 / ディレクター

1972年京都生まれ。
大学在学中は流体力学専攻。大学院卒業後、単身渡米。日米にて船大工の経験を経て、2000年家業の呉服屋を継ぐ。2003年自ら倉庫を改装し、宮川徳三郎商店をオープンする。宮川家に代々引き継がれるスタイリング・メソッドとコミュニケーション力を組み合わせた着物スタイリングを得意とする。雑誌やメディアでの着物スタイリングサポートも多数。 また、和装を活かした地域文化を活性する企画・演出をし、関西を中心に地域活性ディレクターとしても活動中。

michi*

デザイナー

幼い頃から日本舞踊を習い、着物や日本文化に親しむ。
高校はデザイン科を卒業後、デザイン専門学校のビジュアルコミュニケーション学科グラフィック専攻を卒業し、百貨店・通販など流通業界の広告企画部に勤務し、多数のカタログディレクションに従事。 前職は、阪急阪神グループのインテリアショップ本社にて、セールスプロモーションマネージャーとして勤務。 流行や季節の移ろいを敏感に感じてスタイリングに生かすセンスは抜群。 アンティーク着物をこよなく愛し、子どもや女性のスタイリングが得意。 チャイルドマインダー修了生。

萩村裕子 Yuko Hagimura

フォトグラファー
Photographer

木田光重 Mitsushige Kida

フォトグラファー
Photographer

江口一代 Kazuyo Eguchi

店内装花担当
Flower arrangement